人気ブログランキング |

全耳道切除とは!?/同じ病気と闘うわんこと家族の方へ

手術・入院レポ Vol.2は なつおさんが どんな手術をしたのか
主治医の先生から 退院の日の診察で 細かく説明いただいたので
お願いして 分厚いオペの本の 1ページを
Copyしてもらい(-m-)、それを できるだけ正確にそっくりに、
色も付け、そして 同じ耳の病気を持つWancoさんと、その家族の方への
エールの気持ちを込めて 描き移しました(*_ _)わずかでも参考に
なれば(;>ω<)の 思いです。

(図の説明は すべて英語のため専門的なことは一切 入れていません。
どんな方法で 悪い部分を取り除いたのかが わかる程度、わたしの
言葉で 図を補っています。)
(気が弱い方は 無理をなさらないでください(´_`)。。。)

では、いきます(`_´)!!






手術名:全耳道切除
なつおさんは 右耳でこの手術を受けました。 耳入り口から 鼓膜に至る
までの部分の切除です。(図は 左耳のオペになっています)

全耳道切除とは!?/同じ病気と闘うわんこと家族の方へ_f0096569_024582.jpg

A:T字に 切開。 
B:耳道は アイスクリームの コーンのような形をしていて
(なつおさんは 入り口が酷い炎症で出血と化膿で、皮膚が
一枚 失われている状態でした) つながる耳入り口を 円形に 切り離
しています。



全耳道切除とは!?/同じ病気と闘うわんこと家族の方へ_f0096569_0522930.jpg

C:入り口の切り離しの 後に、耳道を周りから 剥がしているようです。


全耳道切除とは!?/同じ病気と闘うわんこと家族の方へ_f0096569_0544755.jpg

D:完全に 切り離しができて、根元 その向こうは鼓膜になるようです。
↑          ↑            ↑
((;◎_◎)耳って こんな構造なんですね 驚きました!!。
中耳炎、外耳炎を放置してしまうと 耳道が 石灰化して(骨のように 硬くなって
しまう) メスを通すこともできない〔つまりは手の施しようが無くなる〕
状態になってしまうそうです。 また 耳道などが どの程度の 炎症の
ひどさなのかによって 切除する範囲も大きくなるという お話でした。
なつおさんの場合、対処も早いので 大きく切るという事がなく、顔面神経への
影響が ほとんどないと 術前に 断言していただきました。
なので、耳が変だと感じたら 自己判断せず その時点で できるだけ病院で
受診をすることを 願います。 )




全耳道切除とは!?/同じ病気と闘うわんこと家族の方へ_f0096569_0592440.jpg

E:耳道が 根元からカット。その先の 炎症(中耳炎)で 溜まった汚れを
洗浄するそうです。 



全耳道切除とは!?/同じ病気と闘うわんこと家族の方へ_f0096569_1135933.jpg

F:縫合です。切開した部分の 下の辺りに ドレインが 挿入されて
います。ここから 術後 洗浄をしたり、出血や化膿したものがあれば
出せる仕組みなんだそうです。(なつおさん、ドレインは術後3日目に 
経過が順調だったので 外されました。)

※耳穴が無くなった後の 耳入り口は 一見しただけでは 穴が無いことは
わかりません。 耳入り口の  皮膚の凹凸がちゃんとのこっていて
穴だけが よく見ると無いね(;◎_◎)、という状態です。聴力は 中耳炎の
発症、外耳が腫れて狭くなっていた段階と 術後は 変わらないようです。
骨伝導で 音を感じているレベルですが、生活に支障は特にありません。
そんな状態でも 私達に聞き取れない 何かの音に気づき、警戒して吠えて
いることもあるぐらいです(-m-)♪)



以上で この手術は 完了なんだそうです。


術前、かかりつけの病院では 写真でこのオペの 内容を確認したのですが、
写真だと 目を 背けたくなるほど、素人にはオペの手順など 理解できない
上に、かなり見た後は 悩みました。切開の 大きさも予想以上に大きい
例となっていたのも あるのですが。
でも、なつぽんBlogへ 「人事ではない!!」と じっとしていられない
気持ちで まりーさんが コメントを寄せてくれ、まりーさん家の まじゅう君も 
同じ病院で、同じ手術をし その後 本当に まじゅう君が快適な生活を
送れる様にり この手術で とても 救われたんだと 教えていただき、
手術を決心して 正直まだ不安で 気持ちがぐらぐらしていたのですが
不安が ふっ飛んで、とても勇気づけられました。 よしっ!!挑もうっ!と。
(って、 挑むのは なつおさん自身なのですが。。。)

手術の リスクは勿論あります。麻酔、感染、それから 顔面麻痺等。
そして この手術は 中耳炎の根本解決ではないこと、それも 充分理解
した上でした。 図だと かなり大きく切開・切除しているようですが
なつおさんの程度の 症状で、3センチ ほどではないかと思います。
(まだ抜糸できていないので じっくりと 観察できていません。)
顔も 以前と まったく 変化なく イケ面のまま(*^ω^)+。:.゜+。:.゜+。:.
なので、術後 再開したときは 感動で 待合室で 皆さんが振り向くほどに
なつおさんの 名前を叫び、抱きしめてましたネェ←家族馬鹿。

レポ Vol・3では その 変わらぬ イケ面で 入院体験をしていた
なつおさんの 画像を ご紹介しますので どうぞ
続けて ご覧いただければと 思います(*_ _).
(なつおさんの耳のこと、 手術・入院に関して 知りたいことがありましたら
遠慮なく 質問をコメントにて入れてください♪)

《わんこ耳の病気 わんこ耳の手術 コッカー耳の病気》
《犬の耳の病気》
にほんブログ村 犬ブログへ←入院・手術をすると 子供は 甘ったれになり
                    わがままぶりが エスカレートする。。。。
                    なつおさんも 全く同じでした( ̄▼ ̄|||)
by natsuo-comedor | 2008-07-21 01:35 |

家族わんこ/なつおさんとの15.5年間の暮らしと、現在は「なつおさんロス」になった日々の暮らしを綴っています♪


by natsuo-comedor
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る